読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akiyoko blog

akiyoko の IT技術系ブログです

「EducationTech Talks Tokyo #1」に参加してきました

勉強会 教育

会場

NHN テコラス株式会社
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア EAST 13階


Twitter

togetter.com



 

全体の感想など

今回は EdTech 系のイベントでしたが、教育関係の勉強会は都内でも結構珍しいです。見かけたらなるべく参加するようにしていますが、それでも数ヶ月か半年に一回あるかないかでしょうか。。 特に今回のように、「足が長い」と言われている教育サービスの中でも急成長を遂げている三社のベンチャー企業の CTO が登壇してくれる機会もなかなかレアではなかったでしょうか。


全体的なテーマは「スケール」についてでした。突発的なスパイクや成長に合わせたインフラや技術的な対策など、エンジニアも少ない中いろいろと苦労されているようでした。


そういった教育関連サービスならではの事情やノウハウも非常に有益でしたが、個人的に技術的興味が湧いたのは、アオイゼミ の動画ストリーミング。ライブ配信は HLS / WebRTC とのことでしたが、遅延は 30秒くらいでしょうか。どのように遅延を少なくしているのか、いろいろとノウハウがありそうです。


あと、「PHPer」は「ぺちぱー」って読むんですね。初めて聞きました。




manabo CTO 山下氏


  • mana.bo アプリ
  • 高単価のサービスなのでスケールの規模感は小さい?
    • 1時間プランで 3,500円/月
  • 講師数7万人の株式会社トモノカイと提携、Z会グループと資本業務提携(有料ユーザの送客?)
  • スパイクが季節要因とキャンペーン要因
    • 可能な限りクラウドサービスを利用
  • イケてるサービスは TechCrunch(英語版)で発掘
    • CrunchBase(Wikipediaライクなスタートアップデータベース)
    • StackShare(サービスやツールがどのような技術で開発されているかをチェックできる)
    • デモデイ(Demo Day)
  • データ分析は、re:dashFirebase Analytics
  • 全エンジニアにデプロイ権限!


 

スタディプラス CTO 斉藤氏

  • 「学ぶ喜びをすべての人へ」
  • 従業員数 22名(エンジニア 9名、うちサーバサイド 3名?)
  • Studyplus(BtoB)
    • 勉強記録を可視化
    • 2016年9月現在で会員200万人以上(受験する高校3年生の3人に1人が利用)
    • 日本e-Learning大賞、2016 ベスト自己改善アプリ
  • Studyplus for School(BtoC)
    • 勉強状況をダッシュボードで見れるように
  • AWS導入事例:スタディプラス株式会社
    • 小難しい?属人化? ⇒ 誰でも構築できるシンプルな設計に!
  • サーバ側は Ruby on Rails
    • 特に、FatModel 問題、秘伝のタレ問題、クエリチューニングしずらい
  • RoR meets DDD でレイヤー分離
    • 責務がクリアになってコードの見通しがよくなった
    • ファイル数が増える。。



 

動画ストリーミングサービスのスケーリング事例

アオイゼミ CTO 青木氏


  • 中高生向けオンライン学習塾
    • リアルタイムの動画を観ながら、双方向のコミュニケーションが可能
    • 5,000円/月?
  • ライブストリーミング
    • オフィスにオンプレのサーバがある
    • (EC2で?)エンコードして CDN(CloudFront & Akamai の二段構え)で配信
    • CloudFormation Template で一式構築可能
  • ライブストリーミングが始まると急なバースト
    • APIアクセスの遅延対応として、Amazon Aurora 導入!
      • Aurora の Reader Endpoint を利用。オススメ
  • ログ保存は Kinesis を使ってストリームデータを保存
  • Firebase Analytics + BigQuery でデータ分析
    • re:dash も使ってる?
  • エンジニア5名?