読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akiyoko blog

akiyoko の IT技術系ブログです

「一対一」「一対多」「多対多」のリレーションを分かりやすく説明する

こんにちは、akiyoko です。

今回はデータベース設計の話です。
分かりそうでよく分からない、「一対一」「一対多」「多対多」のリレーションを分かりやすく説明してみます。

f:id:akiyoko:20160801054222p:plain


一対一リレーション

f:id:akiyoko:20160731193333p:plain

分かりやすい定義

  • 双方のレコードが一対一に対応する

あるいは、

  • 双方の主キーが同じ


 

設計例

一対一リレーションは、分割しなくてもよいテーブルが分割されている状態です。既存のテーブル構成を変えずに項目を追加したい場合などを除き、積極的に使用する機会はあまり無いように思います。


 

一対多リレーション

f:id:akiyoko:20160731214014p:plain

分かりやすい定義

  • A のレコードは B の複数のレコードと関連する可能性があるが、B のレコードは A のレコードと最大一件のみ関連する

もう少し詳しく説明すると、

  • A から見れば、A の 1つのレコードが同時に複数の B のレコードと関連している(関連のないレコードもある)
  • B から見れば、B の 1つのレコードが A の 1つのレコードのみと関連している(関連のないレコードもある)

分かりやすい具体例

  • 例1)A:ブログの投稿者、B:ブログの投稿
  • 例2)A:顧客、B:注文
  • 例3)A:注文、B:注文明細
  • 例4)A:部署、B:従業員

 

設計例

A(一側)は、正規化によって B(多側)から分割されたテーブルである場合が多いです。

一対多リレーションでは、一側のテーブルの主キーを参照する外部キーを、多側のテーブルに設けて対応する場合が多いでしょう。


 

多対多リレーション

f:id:akiyoko:20160731193422p:plain

分かりやすい定義

  • A のレコードは B の複数のレコードと関連する可能性があり、B のレコードも A の複数のレコードと関連する可能性がある

もう少し詳しく説明すると、

  • A から見れば、A の 1つのレコードが同時に複数の B のレコードと関連している(関連のないレコードもある)
  • B から見れば、B の 1つのレコードが同時に複数の A のレコードと関連している(関連のないレコードもある)

 

分かりやすい具体例

  • 例1)A:ブログのカテゴリ、B:ブログの投稿 *1
  • 例2)A:ユーザ、B:権限 *2

 

設計例

多対多リレーションでは、双方に外部キーを設け、中間テーブルを利用するケースが多いでしょう。


 

*1:※投稿にはカテゴリが複数設定できるという前提

*2:※ユーザには権限が複数設定できるという前提