読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akiyoko blog

akiyoko の IT技術系ブログです

見よ!これが Python製の WordPress風フルスタックCMSフレームワーク「Mezzanine(メザニン)」だ!

Python CMS Mezzanine Ubuntu

この投稿は 「Python Advent Calendar 2015 - Qiita」 の 23日目の記事です。


煽っておきながら先に言い訳しておきますが、「Mezzanine(メザニン)」は WordPress公式 が作ったものでもサポートしているものではありません。

しかしながら、Mezzanine の 概要ページ の説明を見ると、

In some ways, Mezzanine resembles tools such as Wordpress that provide an intuitive interface for managing pages, blog posts, form data, store products, and other types of content.


Mezzanine は、いくつかの点において、ページ、ブログ記事、フォームデータ、ショップ商品、および他のタイプのコンテンツのための直感的なインターフェースを提供しする Wordpress のようなツールに似ています。

と書かれているので、Mezzanine が WordPress を意識して作られている ことが分かります。



その証拠に、Mezzanine の管理画面を少しお見せすると、

f:id:akiyoko:20151220153711p:plain
(ブログ投稿画面。WordPress のものとそっくりですよね)

f:id:akiyoko:20151220153727p:plain
(画像をアップロードするためのメディアライブラリ画面。こちらも WordPress とほぼ同じですよね)


という感じになっており、ルック&フィールが WordPress と非常に似通っていることがお分かりになるかと思います。WordPress の管理画面を触ったことのある人なら、ほとんどの機能を直感的に理解できるでしょう。


ちなみに、Djangoベースの三大 CMSフレームワーク「django CMS」「Wagtail」「Mezzanine」*1 のうち、他の二つは操作がユニークで、WordPress に慣れた私の脳みそでは直感的に理解ができず、一日ほど触ってそっとインスタンスを閉じました。


Mezzanine の特徴

Mezzanine には、

  • ルック&フィールが WordPress とそっくりな管理画面
  • デフォルトで必要な機能が全部入り(フルスタック)

といった、他の CMSフレームワークには無い大きな特徴があります。


前者については先に説明しましたが、後者のデフォルトで全部入りになっている機能としては、 概要ページ で以下のものが紹介されています。

機能・特徴 説明
Hierarchical page navigation 階層ナビゲーション
Save as draft and preview on site 下書き保存、プレビュー機能
Scheduled publishing 予約投稿
Drag-and-drop page ordering ドラッグ&ドロップでページの順序入れ替え
WYSIWYG editing WYSIWYGエディタ
In-line page editing インラインページ編集
Drag-and-drop HTML5 forms builder with CSV export ??
SEO friendly URLs and meta data SEOフレンドリーなURLとメタデータの設定
Shopping cart module (Cartridge) ショッピングカート(Cartridge プラグイン使用)
Configurable dashboard widgets ダッシュボードのウィジェットが設定ファイルで変更可能
Blog engine ブログ
Tagging タグ付け
Free Themes, and a Premium Themes Marketplace 無料テーマ、プレミアムテーママーケット(まだちょっと少ない。。)
User accounts and profiles with email verification メールアドレスでのユーザ認証、プロフィール機能
Translated to over 35 languages 翻訳(35言語以上)
Sharing via Facebook or Twitter Facebook、Twitter での SNS共有
Multi-lingual sites 多言語サイト
Custom templates per page or blog post ページ、ブログ記事ごとにカスタムテンプレートが適用可能
Twitter Bootstrap integration Twitter Bootstrap連携
API for custom content types カスタムコンテンツタイプのAPI
Search engine and API 検索機能と検索API
Seamless integration with third-party Django apps サードパーティ製のDjangoのアプリとのシームレスな統合
Multi-device detection and template handling マルチデバイス検出とテンプレートハンドリング
One step migration from other blogging engines 他のブログエンジンからワンステップでのデータマイグレーション
Automated production provisioning and deployments 自動プロビジョニングおよびデプロイ
Disqus integration, or built-in threaded comments スレッドコメント機能(Disqus連携 or ビルトイン)
Gravatar integration Gravatar連携
Google Analytics integration Google Analytics連携
Twitter feed integration Twitterフィード連携
bit.ly integration bit.ly連携
Akismet spam filtering Akismet によるスパムフィルタリング
Built-in test suite ビルトインのテストスイート
JVM compatible (via Jython) JVM との互換性(Jythonを使う)

Overview — Mezzanine 4.0.1 documentation を元に akiyoko が意訳)


ここで、「フルスタック」と聞くと、欲しい機能がある程度揃っていて便利である一方、そのプロダクトへの依存度が高まってしまうことが懸念されるなど、メリットとデメリットが表裏一体になっていることもあると思います。
その点、Mezzanine は「Mezzanine(=中二階)」というだけあって、1階部分には「Django(ジャンゴ)」という人気ナンバーワンの Webアプリケーションフレームワークが土台となっているので、Mezzanine-way *2 ではなく Django-way でのアプリケーション拡張ができるようになっていて、フレームワークを採用する側としては非常に安心感があります *3

f:id:akiyoko:20151220160001p:plain





インストールしてみる

では早速、Mezzanine + Cartridge(Mezzanine 向けのショッピングカートプラグイン)をインストールしてみましょう。

なお、以下の手順は本番用ではありませんのでくれぐれもご注意を。

環境

  • Ubuntu 14.04 LTS(on Vagrant)
    • IPアドレス:192.168.33.10
  • Python 2.7.6
  • Django 1.8.7
  • Mezzanine 4.0.1
  • Cartridge 0.10.0

 

### 最低限のインストール
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y install python-dev git tree

### pip をインストール
### sudo apt-get -y install python-pip でインストールすると pip のバージョンが古いので、get-pip.py で最新版を入れる
$ wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
$ sudo -H python get-pip.py
$ pip --version
pip 7.1.2 from /usr/local/lib/python2.7/dist-packages (python 2.7)

### virtualenv, virtualenvwrapper をインストール
$ sudo -H pip install virtualenv virtualenvwrapper

### virtualenvwrapper の設定
$ cat << EOF >> ~/.bash_profile

if [ -f ~/.bashrc ]; then
    . ~/.bashrc
fi
EOF
$ cat << EOF >> ~/.bashrc

source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
export WORKON_HOME=~/.virtualenvs
EOF
$ source ~/.bashrc

### Djangoプロジェクトの virtualenv 環境を作成してアクティベート
$ mkvirtualenv myproject

### /opt/webapps 配下にプロジェクトの外箱を作成
$ sudo mkdir -p /opt/webapps/myproject
$ sudo chown -R `whoami`. /opt/webapps

### イメージライブラリのインストール
### http://mezzanine.jupo.org/docs/overview.html#dependencies
$ sudo apt-get -y install libjpeg8 libjpeg8-dev
$ sudo apt-get -y build-dep python-imaging


### Mezzanine プロジェクトを作成
$ cd /opt/webapps/myproject/
### Cartridge のインストール
$ pip install -U cartridge

### プロジェクトのディレクトリ構造は
### myproject/ as <repository_root> also as <django_project_root>
### └─ config/ as <configuration_root>
$ mezzanine-project -a cartridge config .

$ tree /opt/webapps/myproject/
/opt/webapps/myproject/
├── config
│   ├── __init__.py
│   ├── local_settings.py
│   ├── settings.py
│   ├── urls.py
│   └── wsgi.py
├── deploy
│   ├── crontab.template
│   ├── gunicorn.conf.py.template
│   ├── local_settings.py.template
│   ├── nginx.conf.template
│   └── supervisor.conf.template
├── fabfile.py
├── __init__.py
├── manage.py
└── requirements.txt


### アプリケーションを起動
$ python manage.py createdb --noinput
$ python manage.py runserver 0.0.0.0:8000


ブラウザで
http://192.168.33.10:8000/
にアクセスすれば、以下のトップ画面が表示されるはずです。

f:id:akiyoko:20151220161820p:plain




WordPress 風の管理画面と比べて、ちょっと画面がショボいなぁあっさりしているなぁと不安に思われるかもしれません。

でも安心してください。そういった場合には、テーマテンプレートの変更ができますから。


WordPress のようにボタンをポチポチすれば完了というわけにはいきませんが、チュートリアル に沿ってコマンドを実行することによって、比較的簡単に、例えば以下のようなテーマテンプレートを利用することができます。


mezzanine-themes/nova を使用)
f:id:akiyoko:20151220170242p:plain

mezzanine-themes/flat を使用)
f:id:akiyoko:20151220170257p:plain

mezzanine-themes/moderna を使用)
f:id:akiyoko:20151220170328p:plain

mezzanine-themes/solid を使用)
f:id:akiyoko:20151220170355p:plain


この 4種類のフリーテーマの他にも、いくつかのフリーテーマ有料テーマ も公開されていますが、WordPress と比べるとまだまだ量が少ないのが実情です。



あと、個人的に無いと困る、「多言語サイト」(WordPress でいうところの「qTranslate X」に当たる機能)もデフォルトで入っています *4 。こちらも チュートリアル に従って進めていけば、ブログ投稿時に次のような言語選択オプションが表示され、多言語対応のブログ投稿ができるようになります。

f:id:akiyoko:20151220172734p:plain




 

まとめ

Python製の WordPress風フルスタックCMSフレームワーク、ということで「Mezzanine」を紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?


WordPress を使ったことのある人なら間違いなく違和感なく使えるでしょうし、私も今のところ全然違和感なく使えています。今後は、ショッピングカートと課金まわりを少しディープに調べてみたいと考えています。



明日は、TakesxiSximada さんの 24日目の記事です。よろしくお願いします。

*1:https://www.djangopackages.com/grids/g/cms/ を参照

*2:玉石混交ですが、Apps for Mezzanine は https://www.djangopackages.com/grids/g/mezzanine/ で紹介されています

*3:しかしながら、用意されたものが気に入らなければ自分で作るしかない、というリスクは許容しなければなりませんが。。

*4:厳密には、django-modeltranslation を pip install する必要がありますが、まあよしとしましょう。^^