読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akiyoko blog

akiyoko の IT技術系ブログです

「Kindle Paperwhite(第7世代)Wi-Fi・キャンペーン情報つき」を買った

これまで、iPad(miniじゃない方)の Kindleアプリを愛用していたのですが、通勤電車の中で持つには少し重すぎるんじゃないかと思っていたので、ついに買ってしまいました。6/30 に発売したばかりの、いわゆるニューモデル(第7世代)の「Kindle Paperwhite」を。


Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき


【追記】5/22まで、クーポンコード『PAPERW7300』で Kindle paperwhite が7,300円オフになるキャンペーンをしています。これはお得です。詳細はこちら。
www.amazon.co.jp

 

価格

Amazon で買いました。キャンペーン情報ありバージョンを選んだので、14,280円でした。ちなみに、キャンペーン情報なしバージョンは 16,280円と 2,000円高くなっています。


キャンペーン情報というのは、Kindle 本体の電源を入れたときに表示される広告なのですが、個人的には全然気になりませんし、Kindle本の月替わりセールへのリンクなども表示されたりするので割といい感じです。


そしてちょうど今は、プライム会員だと 4,000円オフになるキャンペーン中(プライム会員無料体験中の場合はあとで 4,000円分のギフト券プレゼント)だったので、なんと実質一万円!(でも、よくよく考えたら、プライム会員の年会費が税込 3,900円なので、なんだか騙された気分。。)


プライム会員に入会するかどうか少し悩んだのですが、「Kindleオーナー ライブラリーという特典で毎月一冊ずつ無料で読める」というプライム会員サービスがあったことが後押しして、これを機に入会することにしました。800円の本を毎月読んだとして、12ヶ月で約 1万円分の本がタダ読みできるということなので、元は取れそうだと目論みました。

プライム会員なら無料で読書


Amazonプライム会員でKindle端末をご購入いただくと、お急ぎ便やお届け日時指定便を無料で利用できる特典に加えて、Kindleオーナー ライブラリーで毎月1冊無料で読書を楽しめます。1万タイトル以上の和書を含む35万タイトル以上のKindleオーナー ライブラリー対象の本から、お好きなタイトルをお楽しみください。


ただし、Kindleオーナー ライブラリーで無料で手に入れた本はずっと手元にあるわけではなく、月末になると消えてしまい、翌月に次の無料本を読めるようになる、という仕様になっているようです。それと、「Kindleオーナー ライブラリー」にある本しか無料の対象ではないことも要注意です。最新の本はほぼ対象外で、発売してから少し日数の経ったものが多いように思います。



ちなみにカバーは、Kindle の純正品を買いました。

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、オニックスブラック (Kindle Paperwhite専用)

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、オニックスブラック (Kindle Paperwhite専用)


パチッパチッとぴったりおさまっていい感じです。

f:id:akiyoko:20150803012658j:plain


 

開封の儀

やってみたかった開封の儀。
といっても、開封してから本が読めるようになるまで、むちゃくちゃ簡単でした。


プライム会員に入会していたので、購入してから家に届くまでたったの一日!
これは嬉しい!!


右下の電源をポチッと押します。

f:id:akiyoko:20150803012755p:plain


言語を選びます。

f:id:akiyoko:20150803012809p:plain


Wi-Fi の設定を済ませると、(Amazon で購入したからでしょうか)アカウントの登録がされた状態になっていました。

f:id:akiyoko:20150803012821p:plain


クラウドと同期されるまでしばらく待つと、設定完了です。


開封してからほんの 5分か 10分くらいで、本が読めるようになりました。
素晴らしいですね。



少し使ってみての感想

Kindle Paperwhite を少し使ってみての感想ですが、今のところメリットがデメリットを大きく上回っている状態です。

特に、軽くて持ち運びが便利というのが、すごくいい感じです。


1. 紙の本との比較

(メリット)
  • 持ち運びが便利(本体200gで数千冊)
  • ハイライトや X-Ray(単語帳)の機能が便利
  • 電車の中で読んでいても表紙で本のタイトルがバレない
(デメリット)
  • 紛失したときのダメージが大きい
  • 好きなページをすぐに開けない
  • 白黒


 

2. iPad アプリとの比較

(メリット)
  • 軽い、持ちやすい
  • タッチの感度がよい(iPadアプリだと、たまに反応しないことがある)
  • バッテリーの持ちがよい
(デメリット)
  • ハイライトの操作性が悪い
  • スワイプ、スライドの感度が悪い
  • Kindleストアの操作性が悪い


最後に挙げた「Kindleストアの操作性が悪い」ということに関してですが、せっかく「Kindleオーナー ライブラリー」で無料で本が読めるというのに、操作性が悪くて、いい本が選びにくいように感じました。

そこで、PCから「Kindleオーナー ライブラリー」の対象本を検索することができる便利な方法を取り上げたいと思います。



参考サイト


 

Kindleオーナー ライブラリー のPCでの検索方法

Kindleストアから、「Kindle本」のリンクをクリックします。
f:id:akiyoko:20150805002119p:plain

検索窓に「プライム対象」と入力して検索。
f:id:akiyoko:20150805002126p:plain

右側の「×」ボタンを押して、
f:id:akiyoko:20150805004030p:plain

↓ のような画面になれば、OKです。

f:id:akiyoko:20150805002138p:plain


 

まとめ

Kindle Paperwhite、今のところ非常にいい感じです。
もう紙の本なんか買わないぞ!

ってあれ、それってプライム会員の「当日お急ぎ便」特典と矛盾するような。。