読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akiyoko blog

akiyoko の IT技術系ブログです

Windows+VMware Player で Ubuntu 12.04 仮想環境を構築

開発環境 Windows

今回は、Windows上に Ubuntu Server の開発環境を作る手順のメモです。
仮想化ツールには「VMware Player」を使い、ゲストOSには「Ubuntu Server 12.04LTS」をチョイスしました。

やりたいこと

環境(ホスト)

1. VMware Player for Windows をインストールする

1.1. VMware Player をダウンロード

http://www.vmware.com/jp/products/player

f:id:akiyoko:20140222145131p:plain

なお、

個人利用は無償
VMware Player Plus は、商用利用の場合はライセンスが必要ですが、仮想マシンについての学習や個人的な使用については無償でご利用いただけます。
個人利用向けの VMware Player を ダウンロードしてご活用ください。

とのことです。


VMware Player and VMware Player Plus for Windows」をダウンロードします。
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0
f:id:akiyoko:20140222145146p:plain

VMware-player-6.0.1-1379776.exe」がダウンロードされました。


1.2. exeファイルをダブルクリックしてインストール

特に困ることはないはず。


f:id:akiyoko:20140222160704p:plain


f:id:akiyoko:20140222160713p:plain


f:id:akiyoko:20140222160719p:plain


f:id:akiyoko:20140222160723p:plain


f:id:akiyoko:20140222160728p:plain


f:id:akiyoko:20140222160733p:plain


f:id:akiyoko:20140222160737p:plain


f:id:akiyoko:20140222160744p:plain



2. UbuntuのISOイメージをダウンロードする

http://www.ubuntu.com/
から、「Server」を選択。

http://www.ubuntu.com/server
から、「Download Ubuntu Server」をクリックします。

f:id:akiyoko:20140222150245p:plain


http://www.ubuntu.com/download/server
から、「Choose your flavour」に「64-bit」を選択し、「Get Ubuntu 12.04 LTS」をクリックして、「ubuntu-12.04.4-server-amd64.iso」をダウンロードします。

f:id:akiyoko:20140222150254p:plain


ちなみに、コマンドプロンプトで↓のように実行すると、自分のWindowsマシンが何ビットか分かるようです。

> wmic os get osarchitecture
OSArchitecture
64 ビット

 

3. VMware Player から仮想マシン起動

3.1. VMware Player を起動

VMware Playerを起動し、「新規仮想マシンの作成」をクリック。

f:id:akiyoko:20140222161159p:plain


「後でOSをインストール」を選択します。

f:id:akiyoko:20140222161532p:plain


ゲストOSを以下のように選択します。

ゲストOS Linux
バージョン Ubuntu 64ビット

f:id:akiyoko:20140222161609p:plain


仮想マシンの名前を以下のように選択します。

仮想マシン Ubuntu 12.04 server 64bit
場所 C:\Users\aki\Documents\Virtual Machines\Ubuntu 12.04 server 64bit (※仮想マシン名を入力すると自動で変更されます)

f:id:akiyoko:20140222161707p:plain



ディスク容量を指定します。

ディスク最大サイズ 10.0 GB (※テスト用なので小さめにしてみました)
その他 「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」にチェック

f:id:akiyoko:20140222161910p:plain


準備完了しました。

f:id:akiyoko:20140222161940p:plain



仮想マシン設定の編集」を選択します。

f:id:akiyoko:20140222162220p:plain


「CD/DVD(IDE)」で、「ISOイメージファイルを使用する」で、ダウンロードしたISOイメージを指定します。
(ここで、「メモリ」も設定値も変更可能)

f:id:akiyoko:20140222162510p:plain


仮想マシンの再生」

f:id:akiyoko:20140222162658p:plain


おっと、ここでエラーが。
BIOSIntel VT-x 設定が無効になっているとのことです。

f:id:akiyoko:20140222163143p:plain


仕方ないので、BIOSの仮想化設定がOFFになっているようなので、ONにしていきます。

参考
http://c-through.blogto.jp/archives/28788420.html


3.2. BIOS設定を変更

ホストマシンを再起動し、起動中に VAIOロゴが出ているタイミングで F2 を押すと、BIOS設定画面に切り替わります。

f:id:akiyoko:20140222143049j:plain


カーソルキーと Enterキーを操作して、「Advanced」タブの「Intel(R) Virtualization Technology」を [Disabled] から [Enabled] に変更して、

f:id:akiyoko:20140222143249j:plain

f:id:akiyoko:20140222143259j:plain

f:id:akiyoko:20140222143306j:plain

F10 で設定変更を保存して、BIOS設定画面を Exit します。

f:id:akiyoko:20140222143313j:plain




再度、VMware Player を同じように起動します。

VMware Toolのソフトウェア更新のダイアログが出たら、無視してもOKです。
Ubuntu server しか入れない想定なので。)

f:id:akiyoko:20140222163758p:plain



4. Ubuntu Server をインストール

Language: English

f:id:akiyoko:20140222163825p:plain


「Install Ubuntu Server」を選択します。

f:id:akiyoko:20140222163836p:plain


Select a language: English

f:id:akiyoko:20140222163853p:plain


Select your location: other -> asia -> Japan

f:id:akiyoko:20140222163926p:plain
f:id:akiyoko:20140222163940p:plain
f:id:akiyoko:20140222163950p:plain


Configure locales: United States - en_US.UTF-8

f:id:akiyoko:20140222163959p:plain


Configure the keyboard
Detect keyboard layout?: No

f:id:akiyoko:20140222164005p:plain


Configure the keyboard: Japanese -> Keyboard layout: Japanese

f:id:akiyoko:20140222164013p:plain
f:id:akiyoko:20140222164019p:plain


(1分放置)

Configure the network
Hostname: ubuntu

f:id:akiyoko:20140222164030p:plain


Set up users and passwords
Full name for the new user: ubuntu
Username for your account: ubuntu

f:id:akiyoko:20140222164040p:plain
f:id:akiyoko:20140222164102p:plain

Choose a password for the new user: password (※もちろんセキュリティを考慮して随時変更してください)
Re-enter password to verify: 同上

f:id:akiyoko:20140222164110p:plain
f:id:akiyoko:20140222164117p:plain


Encrypt your home directory?: No (※どちらでも)

f:id:akiyoko:20140222164210p:plain


(1分放置)



Configure the clock
Is this time zone correct?: Yes

f:id:akiyoko:20140222164220p:plain


Partition disks
Partitioning method: Guided - use entire disk (※面倒なので全部!)

f:id:akiyoko:20140222164228p:plain


Select disk to partition: SCSI3 (0,0,0) (sda) - 10.7 GB VMware, VMware Virtual S

f:id:akiyoko:20140222164235p:plain


Write the changes to disks?: Yes

f:id:akiyoko:20140222164242p:plain


(2分放置)


Configure the package manager
HTTP proxy information (blank for none): (入力なし)

f:id:akiyoko:20140222164300p:plain


(2分放置)


Configuring tasksel
How do you want to manaage upgrades on this system?: No automatic updates

f:id:akiyoko:20140222164311p:plain


Software selection
Choose software to install: 「OpenSSH server」だけチェックを入れる

f:id:akiyoko:20140222164319p:plain



(1分放置)


Install the GRUB boot loader on a hard disk: Yes

f:id:akiyoko:20140222164329p:plain


(1分放置)


Finish the installation

f:id:akiyoko:20140222164338p:plain


5. VM にログインする

f:id:akiyoko:20140222164348p:plain
f:id:akiyoko:20140222164354p:plain


ifconfig で VMIPアドレスをチェックして、Poderosa などのSSHクライアントから VMSSH できれば、OKです。

f:id:akiyoko:20140222164735p:plain