読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akiyoko blog

akiyoko の IT技術系ブログです

「Google App Engine を使った スマホアプリサーバーサイド開発 無料セミナー第二弾 「Mobile Backend Starter入門」」に参加してきました

海外のスタートアップ系アプリ界隈では大注目の「MBaaS」に関する勉強会でした。
会場は、森タワー30Fの Google 本社にて。


「Google App Engine を使った スマホアプリサーバーサイド開発 無料セミナー第二弾 「Mobile Backend Starter入門」」(2013.12.2)


後半、ワークショップっぽい感じでガンガン進んで行ったのですが、Android開発に慣れてないのであんまり着いていけませんでした。。

Googleスケール・スピードで実現するアプリケーション基礎

福田 潔氏(Google Japan Inc.)

  • コンピューティング、ストレージ、アプリケーションサービスの3つに分かれてる
  • コンピューティング
    • Compute Engineは Amazon EC2同等のもの、App Engineは PaaSを提供。
  • ストレージ
    • RDBなら Cloud SQL、NoSQLなら Cloud Datastore
  • アプリケーションサービス
    • BigQuery, Cloud Endpointsなど

Google App Engine

  • Webアプリケーション基盤
  • 無償から始められる
  • 開発ツールはなるべくオープンなものを使うという思想がある
  • Maven, jenkins, Eclipse, ...
  • 高速オンメモリでデータを取りたいときは、Memcache
  • XMPPはチャットのプロトコル、Task Queueはキュー処理、Blobstoreは画像などのデータを置くところ(最近は一般的にCloud Strageを使う)
  • クラウドエンドポイントをベースにした、Mobile Backend Starter
    • サーバサイドの開発を考えなくて済むように。インフラの管理をGoogleに任せられるのが大きなメリット→開発にフォーカス
  • リクエストに応じて自動的にスケールアウト(しにくくするかどうかも調整可能)。使った分だけ課金
    • AKB総選挙で23k/sのリクエストを捌いた実績あり
    • Snapchat(海外で大人気のアプリ)では、1日に3億枚の写真を送信。数秒間だけ写真を共有できるアプリ
    • Songpop(クイズドレミファドン)では、一日18TBのデータを送信
    • Eurovision, AngryBirds, 日本ではアプリボットのアプリなど

Mobile Backend Starterの紹介

高橋 良輔氏(RainbowApps)

資料: https://www.dropbox.com/s/k4ofyr47te6veel/Mobile%20Backend%20Starterの紹介.pdf
資料: https://sites.google.com/a/image-pit.com/gae/mobile-backend-starter

  • Mobile Backend Starterは、Google Cloud Platformを手軽に連携するためのサンプルアプリ
  • デプロイすれば、すぐ使える。バックエンドは5分ほどで構築可能
  • iOS, Androidに対応
  • Googleアカウント認証機能、push通知機能、メッセンジャー機能も簡単に実装できる

サンプルアプリ作成デモ

  • Googleプラグインは、入れてない人がいるかも
  • iOSでpush通知を使うためには、iOS Developer Programに入ることが必要
  • https://cloud.google.com/?hl=ja から「今すぐ試す」
  • プロジェクトIDは、世界中でユニークにしないといけない
  • 「Deploy」(日本語版だと「展開」)を押すだけ。数分でバックエンドが構築される

Android向け

  • Android SDK Toolsは最新版(Android 4.4)を入れないとエラーが出て使えないので注意
  • Google Play servicesも忘れずにチェック
  • ちなみに、プロジェクトをワークスペースに入れるときは、copyした方がよい


質疑応答は、push通信の課金についての質問が多かったように感じました。