読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akiyoko blog

akiyoko の IT技術系ブログです

Titanium Studio に Android SDK を設定

今回は、Macにインストールした Titanium Studio に Android SDK を設定します。

1. JDKのインストール

1)
JDKをインストールします。
と思ったら、JDK 1.6.0 が入ってました。
ちなみにOSのバージョンは、OS X 10.7.5 です。

$ java -version
java version "1.6.0_37"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_37-b06-434-11M3909)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.12-b01-434, mixed mode)

$ javac -version
javac 1.6.0_37

2. Android SDKのインストール

1)
http://developer.android.com/sdk/index.html

[USE AN EXISTING IDE] から「Download the SDK Tools for Mac」をクリックして SDK Tools をダウンロードします。
Eclipseベースの Titanium Studioを使うので、ADT Bundle版は使いません。)

f:id:akiyoko:20130316151750p:plain

2)
「Download the SDK Tools for Mac」をクリック。

f:id:akiyoko:20130316151759p:plain

3)
ダウンロードした android-sdk_r21.1-macosx.zip をダブルクリックして展開します。
android-sdk-macosx」フォルダができるので、それを「android-sdk」にリネームして、ホームにドラッグ&ドロップでフォルダごと移動させます。

f:id:akiyoko:20130316151806p:plain

f:id:akiyoko:20130316151813p:plain

4)
インストールした Android SDK Toolsの中から、Android SDK Managerを起動します。
ここで、残りのAndroid SDKパッケージをインストールしていきます。

$ ~/android-sdk/tools/android

Android SDK Managerが立ち上がるので、

  • Android SDK Tools(必須。既にインストール済みだが一応)
  • Android SDK Platform-tools(必須)
  • Android 2.1 から最新(現時点で4.2.2)までのライブラリ(中身は全部チェック)
  • Android Support Library
  • Google AdMob Ads SDK(任意)
  • Google Analytics App Tracking SDK(任意)

にチェックを入れ、「Install xx packages...」ボタンをクリック。

f:id:akiyoko:20130316151822p:plain

全てのライセンス項目で「Accept Licence」を選択し、「Install」をクリックするとダウンロードが開始されます。

f:id:akiyoko:20130316151831p:plain

f:id:akiyoko:20130316151842p:plain

Done. 51 packages installed.
Done loading packages.
となればインストールは無事完了です。

3. Titanium Studioの設定

Android SDKを設定します。
メニューから [Titanium Studio] -> [環境設定] を選択し、左のボックスから [Titanium Studio] -> [Titanium] を選択。

Android SDK Home に「/Users/akiyoko/android-sdk」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

f:id:akiyoko:20130316151854p:plain

4. Androidの実機でAlloyサンプルを動かす

Android実機上で Alloyプロジェクトを動かしてみます。

1)
メニューから [File] -> [New] -> [Titanium Project] を選択し、New Titanium ウィザードを開きます。
テンプレートボックスから「Alloy」を選択し、「Next」をクリック。

f:id:akiyoko:20130316151905p:plain

プロジェクト名、App Idなどを適宜入力して、「Finish」ボタンをクリック。

Project name TestProject3
App Id com.example.TestProject3
Company/Personal URL http://example.com/

f:id:akiyoko:20130316151914p:plain

2)
Runアイコンをクリックし [Android Device] を選択します。

f:id:akiyoko:20130316151924p:plain

無事、動きました。
(その昔、WindowsのTitanium Mobileから 実機Androidにアプリを転送したときはもっと面倒だったような気がしましたが、、)

f:id:akiyoko:20130316153329p:plain

ちなみに、Android実機のキャプチャは、

$ ~/android-sdk/tools/ddms

で DDMS を起動し、[Device] -> [Screen capture] から「Save」ボタンで撮りました。


参考