読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akiyoko blog

akiyoko の IT技術系ブログです

「『Running Lean -実践リーンスタートアップ』刊行記念 著者アッシュ・マウリャ氏 来日特別セミナー at Yahoo! JAPAN」に参加してきました

勉強会 スタートアップ

先週、アジャイル系セミナーに参加してきました。

「『Running Lean -実践リーンスタートアップ』刊行記念 著者アッシュ・マウリャ氏 来日特別セミナー at Yahoo! JAPAN」(2012.12.17)


アメリカから著者本人が来日、とのこと( 本はまだ持ってません。。)
当日はあいにくの雨、会場は六本木ミッドタウン 11F の Yahoo! JAPAN でした。


f:id:akiyoko:20121217211533j:plain

 

Running Lean: How to Raise Your Odds of Product Success

Ash Maurya氏

Tweetまとめ: http://togetter.com/li/424431

  • ほとんどのプロダクトが失敗する中、成功したプロダクトの2/3は当初から方向性を変えている
  • 成功するかどうかは、完全なビジョンを持っているかどうかとは関係がない
  • お金を出す人は「魅力 (Traction)」があるかどうかを重要視している
  • 最低限、カスタマーは絞り込んでおくべき
    • 全てのステージで、カスタマーを巻き込んでいく
  • みんなにウケるものを目指すと大抵ダメ
    • プランAを練り込むヒマがあったら、外に出てデータの収集をした方がよい
  • True Product は、ソリューションではなく、ビジネスモデル
  • ループ (Experiment) を回していく上で重要なのは、「スピード」「ラーニング」「適切なフォーカスができているか」
  • リーンは「いかにムダを省くか」「いかにリソースを有効活用するか」
  • Maximize learning about what's riskiest?
  • 一番大事なリソースは「時間」(増減できる金・人でなく)


 

大組織の中でのリーン ~Yahoo! JAPANの事例

河合 太郎氏(Yahoo!ラボ)

Slide: http://www.slideshare.net/inuro/ss-15681262

  • どんな組織も変化し続けないと緩慢に死ぬ
  • 新しいものを生み出し続けるための手法としての「リーン」
  • 人は現物 (Genbutsu) を見るのが一番理解が早い
  • 「迷ったらワイルドな方を選べ」(ヤフー株式会社代表取締役社長 宮坂学